ネットでの誹謗中傷は時代の流れとして受け入れるべき!?

誹謗中傷の現実について

誹謗中傷というのは、する方もされる方もいい気持ちにはならないでしょう。中には誹謗中傷をする事でストレス発散をしている人もいるかもしれません。ですがそのような理由でされた方の気持ちはどうなるのでしょうか。誰でも誹謗中傷をされれば傷つきます。それでも頑張ろうと毎日を送っているのです。業種によってはそのような事をされるお仕事の人もいるので、いちいち気にしていては体がもたないという人もいるでしょう。ですがたいていの人は傷つきます。

ネット社会がもたらすもの

近年ではネット社会になりましたので、簡単に知らない人に対しても誹謗中傷をする事ができてしまいます。そうなるともう全てが自由になるので誰が何を言ってもいい時代になってしまいました。自分の名前が出るわけではないので誰が言ったのかも特定すら難しいのです。このような時代は便利と言ってよいのどうか問題ですよね。お互い顔も知らないような人が出会う事もできるし、知らない人達で連絡を取り合って悪い事をする事もいくらでもできてしまいます。

これからの誹謗中傷対策

このような現代ならではの誹謗中傷のせいで自殺をしてしまったり、いじめの原因になってしまうことがどんどん増えています。なのでこういった行為をできるだけできないようにする為の動きがされ始めています。警察から始まり、若者の場合は学校の教師なども調べていじめにつながらないように努力している所もあります。このようにしても誹謗中傷をまぬがれない場合も多々あります。これからどうなっていくかによっても対策を考える必要があるでしょう。

個人の意見のつもりで書いたつもりでも相手を傷つけるネット誹謗中傷行為は犯罪です。顔が見えない相手だからこそ強気になり過剰な表現をしてしまいがちなので気を付けましょう。