何気ない行動から、プライバシーが漏れてませんか?

気をつけないと怖い写真のアップロード

SNSって楽しいですよね。ついつい友達と自撮りをして、そのままウェブサービスにアップ!なんてことは、今やみんながやっていることです。しかし、ちょっと待って下さい。昨今の写真は、写真のデータだけではなく、そこに「メタデータ」というものが含まれていることをご存知ですか?そのデータの中に、使っているカメラの機種とか、もっと悪いケースだと写真を撮った位置情報などが含まれることがあるんです。なので、写真をアップする前に、使っているカメラがどういう情報を一緒に加えているのか、マニュアルなどをみて確認した方がいいですよ!

単にホームページを見ているだけなのに?

ウェブサービスの開発者は、訪問者の情報を、利用者が思っているよりもはるかに沢山持っています。ブラウザが発信する情報には、色々な情報が含まれていて、それらを使ってユーザーをマッチングする、なんてことは、今や世界中のサービスがやっていることなんです。だから、ブラウザのセキュリティについても無知ではいられない時代です。悪意を持って個人情報を抜くようなサービスについては、ブラウザのプラグインなどを利用してブロックしたりする工夫が必要です。

プライバシーに関しては自衛の時代です!

今や、インターネットでプライバシーが漏れるリスクはどこにでもあります。例えばセキュリティの甘いサービスでは、パスワードの漏洩が日常的に起きています。今はそういうサービスから漏洩したパスワードを使って、別のサービスにログインしてみる、という犯罪が流行っています。これは多くの人が、サービスごとに違うパスワードを使わない特性を利用しているのです。結果、セキュリティに問題のないサービスのアカウントまでハッキングされてしまう人が後を絶ちません。こうなってくると、やはり「自衛して下さい」としか言いようのない時代ですね!

家庭や企業の知られたくない情報等を一瞬で解読不能にしてくれるので自動シュレッダーは一台は所持しておくと便利です。