素人でも問題なし!モダンなデザインのホームページを作る方法

モダンなデザインとは?

昨今のトレンドでは、トップページに大きくホワイトスペースがあり、スクロールするとエフェクトが付いてページの概要が表示され、画面サイズを変えるとナビゲーションがハンバーガーメニューに変化する、というトレンドがあります。レイアウトの特徴としては、ヘッダ文字のジャンプ率(ヘッダーの文字サイズと本文の文字サイズの比率)が高く、ぱっと見の印象を強くする傾向があることです。ようするに、飽きっぽいユーザーを、第一印象で如何に引き込めるか、という作りになっています。

自分で作るとこんなに難しいアレコレ

昨今の主流として「レスポンシブデザイン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。レスポンシブとは、閲覧するデバイスのサイズに応じて画面のレイアウトが最適なものになることを意味します。しかしこうした処理を自分で実装すると、CSSに関する知識がどうしても必要になってきます。またデザインのバランスも、PCとスマートフォンでは自ずと異なってきます。例えばPCではマウスを使うので、文字はある程度は小さくても問題ありませんが、スマートフォンでは致命的です。そうしたバランスを素人が自分で調整するのは難しいです。

テンプレートを使いましょう!

しかし心配することはありません!世の中には、格好いい見栄えで、しかも商用利用してもOKという「テンプレート」というものが配布されています。テンプレートとは、簡単にいえば、ウェブサイトの雛形です。現代風のウェブデザインを、そつなくまとめたサンプルのページが無料で配布されているので、それをそのまま使って、必要な箇所だけ編集するだけで、あっという間にスマートフォンにもPCにも対応したクールな見栄えのページが完成します。

レスポンシブデザインとは、アクセスされた端末に対して適切なサイズで情報を表示できるように対処したWEBデザイン方法のことです。